Posted by

北京オリンピックの開催までの経緯とは?

北京オリンピックの開催に至った経緯ですが、01年7月、モスクワでの国際オリンピック委員会総会での投票によって、イスタンブール、パリ、トロント、大阪を破って決定されました。
総会の開催前には他にも5つの都市(バンコク、ハバナ、カイロ、セビリア、クアラルンプール)が開催地として名乗りをあげていたんです。
しかし、選出候補名簿の2000年中の提出が叶わずに、選考に残れなかったんですね。

第1回の投票では北京、パリ、トロント、イスタンブールが残って、6票の投票に終わった大阪は外されました。
そして、第2回投票で、北京が開催決定に必要な多数の票を得たため、選考は終了しました。
第2回投票での獲得票数ですが、北京が56票、以下、トロントが22票、パリが18票、イスタンブールが9票でした。

トロントやパリの招致提案が技術的に北京よりも優れているとの声もあったようです。
しかし、サマランチ会長のIOCは商業的な観点から、人口世界一と共に経済成長が著しい中国でのオリンピック開催に非常に意欲的であったと言われています。

中国(北京)にとってこの北京オリンピック開催の決定は、8年前の雪辱を晴らすものとなったようですね。
1993年9月23日、20世紀最後のオリンピックの開催地として決まったのはオーストラリアのシドニー。
北京はその当時の投票において、シドニーと決選投票をして、その末僅差で敗れているんです。
8年越しの夢が叶ったという感じでしょうね。  


Posted by NamiComic

北京オリンピックの開催概要

第29回の夏季オリンピックとなる、北京オリンピックの概要を簡単にですが、書いてみたいと思います。

北京オリンピックは、2008年8月8日に開幕し、8月24日までの17日間に渡って、中華人民共和国の首都である北京を主な会場として開催されます。
アジアでの夏季オリンピック開催は。1988年に開催された韓国・ソウル大会以来となり、これは20年ぶり(5大会ぶり)3回目となります。
また、中国では初開催となります。

開会式は中国時間で2008年8月8日の20時8分(日本時間では午後9時8分)に行われる予定となっています。
何故、時間が中途半端なの?という疑問を抱かれる方も多いかもしれませんね。
これに関してですが、中国では8は縁起のいい数とされているからなんです。

実施される競技、種目に関してですが、実に28競技、302種目にもわたります。
競技のうちのいくつかは近隣都市や沿岸部の都市の青島(山東省)で開催予定となっています。
また、馬術競技については、2005年7月8日に行われた国際オリンピック委員会総会において、香港・沙田競馬場での開催が決定しました。

最近数回の夏季オリンピックにおいて、メダル獲得数で上位の常連となっている中国。
北京オリンピックは、第二次世界大戦以降に開催される夏季オリンピックで、アメリカとロシア(旧ソビエト連邦)以外の国が金メダル獲得数1位になる可能性がある初めての大会です。
トップ争いをするのは間違いなさそうですね。  


Posted by NamiComic

北京オリンピック競技のシンボルマークについて

北京オリンピックの諸競技のシンボルマークというものがあることを知っていますか?

このシンボルマークは、道路案内システムや施設内外の装飾と標識、選手の試合参加のための案内、一般客の観戦の案内などに活用されます。
また、テレビ中継やCM、マーケットにも広く応用されていくこととなっています。
オリンピックの諸競技のシンボルマークというものは、オリンピックの基礎的イメージ構成という意味で、インパクトがある機能性があることが必要です。
また、オリンピックの理念、主催国の文化といった面をアピールする重要なルートでもあるんですね。

北京オリンピックの諸競技のシンボルマークですが、篆書の字形を基本としています。
そして、甲骨文、金文といった字形の趣やモダンな図案の簡潔さを融合させたものとなっていて、覚えやすく、識別しやすく、使いやすいといった要求を満たしているんです。
また、黒の図案と白い背景によって、鮮明なコントラストを実現し、競技の鮮明な特徴、優雅な美・豊かな文化の意味を表していて、「形」と「意」という調和と統一が完璧に表現されています。
この北京オリンピックのシンボルマークは全部で35あります。

このシンボルマークの研究、デザイン、評価作業は2005年の3月に始動しました。
著名なデザイン機構がデザインを担当し、中央美術学院や清華大学美術学院が入選案への改善作業に携わりました。
この間、内外の多くのデザインの専門家やアーティスト、オリンピックの専門家、オリンピックの中継機構、選手の代表などから貴重な意見が結構寄せられたそうですね。  


Posted by NamiComic

北京オリンピック大会マスコットって?

オリンピックには大会マスコットというものが存在しますが、当然、北京オリンピックにもマスコットはいます。
今から2年前、2005年11月11日に、北京オリンピックのマスコットは正式に発表されました。

5つのマスコットは、パンダ、魚、オリンピック聖火、ツバメ、チベットカモシカをイメージしたものとなっています。
この5体という数は夏季・冬季を通して最多なんです。

マスコットの名前は以下の通りです。

パンダ「ジンジン(晶晶)」
魚「ベイベイ(貝貝)」
聖火「ホァンホァン(歓歓)」
ツバメ「ニイニイ」
チベットカモシカ「インイン(迎迎)」

これらはそれぞれオリンピックの五輪マークの一輪に相当するものでもあります。

国際オリンピック委員会のジャック・ロゲ会長は、書簡を北京オリンピック組織委員会に対し送り、オリンピックのマスコット発表に祝意を表しました。
また、「北京オリンピック特許商品販売企画」を実施するとともに、これまでのオリンピックにおける最も収益の高い製品だったマスコットの展望もとても明るいものであることがわかります。

北京オリンピックのマスコットには5つの特色があります。

(1)北京オリンピック主催の理念やオリンピック精神を具現したものである
(2)濃厚な中国的な特色を保っている。
(3)幅広い代表性があるものである。
(4)独創的な知的所有権、そして大きな市場開拓の可能性がある。
(5)集団の英知を濃縮したものになっている

というもののようです。  


Posted by NamiComic

北京オリンピックで使用される聖火トーチとは

オリンピックといえば、聖火リレーなどの注目する点のひとつなのではないでしょうか。

オリンピックトーチとはオリンピック聖火を持ち運ぶためのツールです。
1936年ベルリンオリンピック以来、毎回のオリンピックでは、主催国の文化の特色などをアピールし、ハイテクを利用したトーチなども現れました。
トーチはオリンピックの重要といえる遺産とも見られているんです。

さて、今年夏に開催される北京オリンピックの聖火トーチですが、長さ72センチ、重さ985グラムとなっています。
トーチは15分間にわたり燃焼し続けることが可能であり、また、風速が全くない環境であっても、聖火の炎の高さは常時25~30センチを保てるんです。
燃料のプロパンガスは環境にやさしいものです。
炎の色は黄色が非常に鮮やかで、強い光や日光の下でも識別することができるので、撮影にも便利です。
トーチの外形の素材はリサイクルが可能になっていて、こちらも環境にやさしい素材となっています。

北京オリンピックの聖火トーチの外観のデザインに関してですが、中国の伝統的な「祥雲」の図からインスピレーションを受けているといわれています。
「祥雲」という文化の概念は、実に千年以上の歴史があり、中国文化の代表的な記号であるんです。

トーチの造形デザインですが、伝統的な中国の紙の巻物をイメージしたものとなっています。
レッドとシルバーという目新しい視覚的効果があるこのトーチは、各メディアによる伝播にもプラスになるといわれています。  


Posted by NamiComic